ビブラートとは?

ビブラートとは、声を震わせながら歌声に変化をつけて、感情の高まりなどを表現する歌唱技術のひとつです。
声量に自信がなくても、ビブラートを効かせると音を伸ばしたときの余韻が感じられて上手に聞こえますし、歌唱力のアップにもなります。

一日二日でというものではないですが、練習次第で誰でも会得することができる技術なので、ぜひ練習してできるようになりましょう。
ビブラートの基本は腹式呼吸です。
胸式呼吸を行っていてはビブラートが出しにくいので、まずは、腹式呼吸で歌を唄えるようになることが先決です。

さらに、喉の奥が大きく開いた状態で唄えるようになるとビブラートをかけやすくなります。
ビブラートにはお腹から出す方法と、喉から出す方法の2種類があるといわれていますが、喉から出すビブラートは比較的覚えやすい反面、喉に負担をかけてしまいます。
お腹から出すビブラートのほうが歌声も安定し、喉への負担も少なくなります。

やり始めはわざと大きめに声を震わせるようにし、それから声が震える幅を狭めていくようにトレーニングするといいでしょう。

カテゴリー: ボイストレーニング用語   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります