ボイストレーニングで「喉を開く」の意味とやり方とは

ボイストレーニングをしたことがありますか。
ボイストレーニングをすることで、自分の声の正しい出し方を学び、美しい発音にしたり、自分の持っている音域を広げたりすることができます。

ボイストレーニングをすることで、歌を上手に歌える様になったり、きれいなナレーションができる様になったりします。
そんなボイストレーニングでは「喉を開く」ということをするのですが、この「喉を開く」という意味わかりますか。
どんな風に「喉を開く」のでしょうか。

喉を開く様なイメージと言った方がいいかもしれませんね。
口先だけを開けて声を出すのではなくて、喉の奥の方を広げて、そこから声を出すという様な感じでしょうか。
普段私たちは喉の奥、すなわち舌の奥の方を意識して開くことはしないと思いますが、ボイストレーニングではそれを意識的にできる様にレッスンして、聞き取り易いきれいな声を発生させる様にします。

「喉を開く」ということは感覚で喉を開くということから始めるのです。

カテゴリー: ボイストレーニング集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります