高音の出し方「ヘッドボイス」とは?

カラオケで男性が男性の曲を上手に歌いたいのに、高音部分が出ないということ、よくあると思います。
これは、プロの男性の方はヘッドボイスを出して高音に対応しているから。
でも、これはプロでないとできないというものではなく、実は練習すれば一般の方でも出るようになるものだったりするのです。

そもそもヘッドボイスとは何かというと、裏声の一種です。高音部を出すとき、たいてい裏声になりますが、裏声は息の音が入ったり弱くなったりしてしまって、なかなかコントロールするのは難しいものです。裏声の中でも、芯があって力強く出せる高音のものが、ヘッドボイスです。
ヘッドボイスを出すにはどうしたらいいかというと、あくびのまねをしながら、「マ」や「モ」を口にしてみるといいです。あくびの状態というのは、いわゆる喉が開くという、軟口蓋が上がって喉仏が下がった状態のことです。この状態で出す高音が、ヘッドボイスです。息漏れがしてしまうとヘッドボイスではなくなってしまうので、息を止めたりしてみて声帯を閉じる感覚を身につけてから、再度挑戦してみることをお勧めします。

カテゴリー: ボイストレーニング用語   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります